私たちが考えるフェアトレードは、現在の利潤追求型の自由経済市場からは締め出されてしまう生産者への取引機会をつくり、生産者の生活改善と自立を支援するしくみだと考えています。

従って、途上国等の取引を通じた国際的なフェアトレードの商品はもちろん、福祉や災害、多文化共生など社会課題解決を進める国内フェアトレードの商品やサービスを取扱っていきたいと考えています。

 

フェアトレードの経済と社会と環境の意味

 

フェアトレードには、経済と社会と環境の視点があります。

フェアトレードは、ビジネスというしくみによって長期的な視点から社会課題を解決するものであり、チャリティではありません。先進国が途上国を、都会が田舎を支援するというものではなく、対等な取引のできるオルタナティブな市場をめざすものです。

そのためには、利益が生産者にできるだけ分配されるような流通が必要であり、適正な価格で長期的な持続的取引を行い、前払い等の買取による取引を行うことが不可欠となります。

 

フェアトレードの商品は値段が高いと言われることがありますが、それは本当に高いのでしょうか。

 

現在の市場で利潤を追求した結果コストをおさえ、生産者にしわ寄せのいっている状態の価格に私たちは慣れているのかもしれません。
生産者あるいは環境へしわ寄せをし、その代償を将来に送っていくことで目先の価格に惑わされいるかもしれません。

フェアトレードの製品の多くは、デザインや品質の良いものがたくさんあります。

フェアトレードの製品の多くがオーガニックやエシカルといったようなキーワードで着飾っていないかもしれませんが、フェアトレードの原則から考えれば、こうした視点に配慮されていることは当然のことであり、実際に多くの商品はそうした人と地球に配慮されたものが多く存在しています。

 

フェアトレードラベルについて

 

また同時に、フェアトレードラベルについても同じことがいえます。

ラベルは取引においてそれを証明するものでありますが、ラベルがないからといってフェアトレードではないということではありません。

ラベルがあることによって、消費者が安心して購入できるひとつの指標であり、また公共調達などにおいては重要な役割を担います。

 

みなさんの目で実際に見て、感じて、それがフェアトレードだと感じることのできる商品やサービスは、実はたくさん存在しています。

そういった商品を見つけていくことも、ひとつの楽しみですね。

 

フェアトレードがもたらす豊かな気持ち

 

フェアトレードの商品を使うことで、私たちは豊かな気持ちを手に入れることができます。

使っている商品で、世界の人を応援しているということ、誰かの犠牲を生み出していないことなど、こうした当たり前の豊かさを実感することができます。

ですから、フェアトレードは、誰かを助けるという気持ち以上に、私たちに思いやりが生まれることに価値があり、その瞬間に心地良さを感じます。

いまある利潤追求型の自由経済で、多くの人の豊かさが奪われています。
このような経済合理性に振り回された市場ではなく、長期的な視点に立ってお互いを想いあえるもうひとつの選択=オルタナティブな市場が必要であり、これからの市場の姿であると私たちは考えています。