新井 和宏さん(株式会社eumo 代表取締役)

メッセージ

 

共感コミュニティ通貨eumoのコンセプトは、社会と地域の為になる「使えば使うほど幸せになる手段としてのお金」。

フェアトレードコインはそれを体現しています。

消費で社会は変えられる

想いを持った加盟店の集合であるフェアトレードコインは、eumoの第一号コミュニティコインとしてフラッグシップ的存在になることを期待しています。

 

 

新井 和宏さん(株式会社eumo 代表取締役)

 

1968年生まれ。東京理科大学卒。
1992年住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社、2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)入社。公的年金などを中心に、多岐にわたる運用業務に従事。2007~2008年、大病とリーマン・ショックをきっかけに、それまで信奉してきた金融工学、数式に則った投資、金融市場のあり方に疑問を持つようになる。2008年11月、鎌倉投信株式会社を元同僚と創業。2010年3月より運用を開始した投資信託「結い2101」の運用責任者として活躍した。鎌倉投信退職後の2018年9月、株式会社eumo(ユーモ)を設立。

著書『投資は「きれいごと」で成功する』(ダイヤモンド社)、『持続可能な資本主義』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』(イーストプレス)、『共感資本社会を生きる』(共著・ダイヤモンド社)

 

新井さん&eumoとのきっかけ

 

新井さんとは鎌倉投信株式会社で役員をされている時にお会いをし、当時経営をしていた会社にていろいろとお世話になりました。

eumoがめざす「共感資本社会」を実現するためのコイン事業の構想をお聞きした時に、フェアトレードやフェアトレードタウンの活動の目指す姿と重なり、フェアトレードコインの構想を相談いたしました。

そしてコミュニティコイン第一号となり、eumoコインの誕生と共にサービスを開始することになりました。

今後、eumoおよび新井さんと共に、フェアトレードへの想いで展開されている事業者さんやお店の方を、直接サポートしフェアトレード関係人口が増えるようなプラットフォームが作れるよう展開をしていきます。

(コメント:フェアトレードコイン運営/サスティナブル・ストーリー株式会社 中島)