フェアトレード応援マルシェへ参加されるお店や団体の方には、7の項目についてご賛同を頂いております。

フェアトレードへのご理解のある方や、すでにフェアトレードの商品を扱っていただいているみなさんにとっては、きっと特別な内容ではありません。

またこれらについては、厳密な運用や強制を強いるものではありませんが、フェアトレードに関心があるお客様が良い体験を得ていただくためにも、フェアトレードコイン加盟店の基準としてお願いしています。

 

  1. 生産者の生活改善と自立を目指すフェアトレードの理念に賛同している。また国内においても同様の環境があることを理解し賛同している。
    • 生産者から完成品を買うだけではなく、どうやったらが持続可能になるかを一緒に考えましょう。
  2. 買取価格や条件など、生産が持続可能になることを重視したフェアな取引を行っている。
    • 委託販売ではなく、買取が基本です。生産者からの買取値段は、産業や生産の持続可能性を考慮しましょう。
  3. 生産から流通・販売を含め、地球環境に負荷をかけない努力を行っている。
    • 農薬や化学肥料の使用を抑え、CO2排出に意識を向けていきましょう。
  4. 働く人の人権を守り、組織や社会のダイバーシティを高める意識を向けている。
    • 人と人の関係を大切にし、お互いを尊重しあうことを前提とした組織運営や取引をおこないましょう。
  5. 不正や反社会的な行為、社会倫理に反した行動をとっていない
    • 社会のルールを守って事業をおこないましょう。
  6. 地域社会や地域産業と連携した活動をおこなっている。
    • 地産地消や伝統産業、福祉や立場の弱い方との連携やコラボレーションを推進しましょう。
  7. 製品や生産地などのストーリーを伝える努力をし、生産者やお客様との関係を大切にしている。
    • 生産者さんの声を伝え顔のみえる関係を作れるのはお店です。ぜひ大切で長いおつきあいの関係をつくっていきましょう。

 

 

これらについては、厳格な基準を設けているものではなく、またどこまでやれば良いというものでもありません。

このような意識を持ち運営すれば、きっとフェアトレードとの出会いに期待をするお客さんとの良い関係をつくれると思って基準を設定しております。

 

条件をクリアするための具体的な内容

 

上記の7点を踏まえ、具体的にクリアすべき内容は以下のものになります。

1の項目については、いずれかの選択が行われていること。2〜7についてはすべての項目が当てはまっていることが条件となります。

 

  1. フェアトレードの理念への賛同
    • 国際フェアトレードの商品をお店で販売する。
      (フェアトレードラベルの商品を取り扱えば、フェアトレードの商品であることを示しているので安心です。なお、ラベルは推奨しますが、義務ではありません。)
    • 国際フェアトレードの商品を使ってサービスを提供している。
      (素材などを使って飲食店やサービスを提供している。什器や衣服、お店を運営する際に必要な用品などでフェアトレードのものを使っている。)
    • 国際フェアトレードを推進するNGOや団体において、販売やセミナーなどの提供を行っている。
      (商品販売やセミナーなどの代金、会費なども決済が可能です。)
    • 国内フェアトレード(障がいを持つ方や被災された方などの産品、地域産業の改善や生産者の課題を解決するための産品など)に関する製品を取り扱っている方。
  2. フェアな取引
    • 価格だけで選択をしない、買うこと以上に生産者さんの支援を行うための視点を持った選択に意識を向けている方。
    • 委託販売のお店ではなく買取が基本で運営されている事業者。
    • 年間を通じた取引を行っている方。(フェアトレードフェアなどを5月だけ実施する方はお断りしています。)
  3. 地球環境に負荷をかけない努力
    • 農薬や化学肥料の使用を抑えた産品を選ぶようにしている。
    • CO2排出低減にむけて、ショッピングバッグ、廃棄、節水、エネルギーの選択などに意識を持ち取り組んでいる。
  4. 働く人の人権を守り、組織や社会のダイバーシティを高める意識
    • 事業を営む上で関係する人達の人権を尊重している。
    • 障がい者や性別、国籍などの多様性を意識している。またお客様に対しても尊重した運営を行っている。
    • 健康を損なう有害な環境(ハラスメント、受動喫煙、過酷な労働環境など)に対して充分な対応を行っている。
  5. 社会倫理に反した行動をとっていない。
    • 事業を営む上での法を遵守している。
    • 反社会勢力との関係を持たない。
  6. 地域社会や地域産業と連携した活動をおこなっている。
    • 地産地消や伝統産業、福祉や立場の弱い方との連携やコラボレーションを意識している。
    • 地域のコミュニティを大切にしている。
    • フェアトレードだけが社会課題を解決するものではないことを理解し、様々な社会課題に意識を持ち、それぞれの方法を尊重している。
  7. 製品や生産地などのストーリーを伝える努力をし、生産者やお客様との関係を大切にしている。
    • 事業をを通じてお客様の幸せを望み、関係を大切にしていこうという想いがある。
    • フェアトレードの商品などにおいて、生産地や生産者さんの想いを伝える努力を行っている。
    • 販売において顔の見える関係を大切にしている。
    • オンライン販売の場合で、お客様との関係を大切にしていくために、催事などへの出店やセミナーや交流会などの実施、ライブコマースなど、オンラインを含めた顔の見える関係がつくれる工夫を行っていることがが条件となります。(自販機と同じように、お互いの顔の見えない、効率的に売るだけの事業者さまはお断りさせていただきます。)

 

不明な場合にはお問い合わせください

 

フェアトレードな活動をされている方も、自身の活動が当てはまるかどうかわからない場合もあるかと思います。

また、上記の2〜7のような意識を持ち、フェアトレードの商品だけが具体的にない場合には、ぜひ一品でも取り扱っていただくことで、さらにみなさんの伝えたい世界観や想いが伝わり、新しいお客さんとの出会いが生まれるはずです。

フェアトレードコイン説明会にご参加されるか、お問い合わせをいただければと思います。

また、商品を取扱いたい方は以下のFAQもご覧ください。

フェアトレードの商品を扱いたい・ラインナップを増やしたい