eumoコイン/フェアトレードコインをチャージしてからの使用期限は3ヶ月間です。

「どうして使用期限があるの?」

そんな問いにお答えします。

 

お買いもので応援することがフェアトレード

 

お買いもの/消費で生産者を応援することが、フェアトレードです。

しかし私たちは、様々な便利なものに囲まれていると、ついついフェアトレードのことを忘れがちです。

3ヶ月に一度、1年に4回くらいですから、ぜひフェアトレードを思い出して、お店に足を運んでください。

 

普段づかいができる、キリのいい少額のチャージ

 

フェアトレードコインは、お気に入りのお店で、普段づかいをしていただきたいと思っています。
まだまだ加盟店が少ないですが、美味しいフェアトレードのチョコレートやコーヒーを買って、毎日の生活に取り入れてください。

チャージは買う金額プラスαでキリのいい金額にして、ぜひ決済後のギフト(チップ)で応援してください。

 

期限が切れそうになったら、お友達と相談

 

期限が切れそうになったら、お友達と相談してみてください。

もしフェアトレードのショップが近くにない場合でも、誰か近くの方とお話をしてコインをあげたり、代わりに買ってきてもらうなどということもできます。

アプリ内で、期限の切れそうなコインの金額をチェックし、お友達に送金をすることができます。
(ポイントはキャンペーンなどで付与されたものですので、送付は出来ません。)

こうして、お友達と一緒にフェアトレードの話をする機会を作ってください。

 

期限が切れても、フェアトレードの中で使われる

 

期限が切れたコインは、90%が再配布されます。

ギフト(チップ)でお店を応援した分に応じて再配分されます。

ギフトは誰かを応援することですから、ギフトの分だけあなたは再配布で応援されるという仕組みです。

これまでのお金は「貯めるという機能」ばかりが重視されて、どこかで留まり、経済格差や社会課題が生まれる原因のひとつになっています。

フェアトレードコインは、応援の環が繫がって、ギフトが循環していく、そんな応援で繫がるコミュニティーを目指しています。

 

 

 

フェアトレードの商品は値段が高いと言われることがありますが、それは本当に高いのでしょうか。

 

現在の市場で利潤を追求した結果コストをおさえ、生産者にしわ寄せのいっている状態の価格に私たちは慣れているのかもしれません。
生産者あるいは環境へしわ寄せをし、その代償を将来に送っていくことで目先の価格に惑わされいるかもしれません。

フェアトレードの商品の多くは、オーガニックやエシカルなどに配慮された品質の良いものが多くあります。

製品の多くがオーガニックやエシカルといったようなキーワードで着飾っていないかもしれませんが、フェアトレードの原則から考えれば、こうした視点に配慮されていることは当然のことであり、実際に多くの商品はオーガニックでエシカルなものばかりです。

 

フェアトレードラベルについて

 

また同時に、フェアトレードラベルについても同じことがいえます。

ラベルは取引においてそれを証明するものでありますが、ラベルがないからといってフェアトレードではないということではありません。

ラベルがあることによって、消費者が安心して購入できるひとつの指標であり、また公共調達などにおいては重要な役割を担います。

 

みなさんの目で実際に見て、感じて、それがフェアトレードだと感じることのできる商品やサービスは、実はたくさん存在しています。

そういった商品を見つけていくことも、ひとつの楽しみですね。

 

フェアトレードがもたらす豊かな気持ち

 

フェアトレードの商品を使うことで、私たちは豊かな気持ちを手に入れることができます。

使っている商品で、世界の人を応援しているということ、誰かの犠牲を生み出していないことなど、こうした当たり前の豊かさを実感することができます。

ですから、フェアトレードは、誰かを助けるという気持ち以上に、私たちに思いやりが生まれることに価値があり、その瞬間に心地良さを感じます。

それは、いまある利潤追求型の自由経済で、多くの人の豊かさが奪われている市場に対し、もうひとつの選択=オルタナティブな市場が必要な理由であり、これからの市場の姿であると私たちは考えています。